コース案内

コースレイアウト

ヤーデージブック

OUT
HOLE CHAMPION BACK FRONT LADYS
NO
1 560 505 487 465
2 200 173 145 135
3 456 409 386 359
4 392 379 365 350
5 404 367 351 302
6 155 140 130 120
7 390 374 356 324
8 575 548 532 435
9 404 391 369 293
OUT 3,536 3,286 3,121 2,783
コースを印刷する
IN
HOLE CHAMPION BACK FRONT LADYS
NO
10 370 353 333 317
11 173 145 122 92
12 585 565 539 454
13 415 400 375 349
14 426 393 366 347
15 513 490 470 446
16 188 163 142 128
17 387 374 339 294
18 482 368 348 315
IN 3,539 3,254 3,034 2,742
TOTAL 7,075 6,540 6,155 5,525
コースを印刷する

各ホールのご案内

コースを印刷する
設計・監修 芹澤 信

● HOLE 01

508 y / Par 5

HOLE01 HOLE01

緩やかな打ち下ろし、少し右ドックレッグの短いロングホールです。ティ前はマウンドと林に絞り込まれていますが、
IP点のプレーゾーンが広くなっており、正面の1本杉を目掛けて豪快なショットをして、スタートして下さい。
第2打はグリーン左手前が絞られておりますので、無理をしないで残り100ヤード付近をねらって下さい。グリーンオンをねらう場合は、グリーンセンターを目掛けて行くと易しく攻略出来ます。

コースを印刷する

● HOLE 02

178 y / Par 3

HOLE02 HOLE01

池越えのショートコースです。
レディースティより80ヤードで池は越えられます。意識しないでショットして下さい。又、グリーン左手前には大きなバンカーも口を開けて待っていますが右側は広々としたアプローチです。右側に1オンを目指して下さい。

コースを印刷する

● HOLE 03

456 y / Par 4

HOLE03 HOLE01

長い緩やかな打ち上げのホールです。
コース幅は大変広く雄大なホールです。又、アプローチ周りも広いので、ティショット、セカンドショットと連続で豪快な
ショットで攻めましょう。

コースを印刷する

● HOLE 04

392 y / Par 4

HOLE04 HOLE01

第1打は150ヤード付近まで池がコースに入り込んでいるので、難しいティショットを要求されます。
第2打は緩やかな打ち上げになりますが、距離が短く安心して打てます。やや大きめに攻めてください。

コースを印刷する

● HOLE 05

367 y / Par 4

HOLE05 HOLE01

短いミドルホールです。
フェアーウェイは狭いが、コースが舟底形に造られており、安心して第1打が打てます。
第2打は打ち下ろしで短いホールです。特にグリーンは細かいアンジュレーションがあり、注意が必要です。
グリーン攻略を間違えなければ、サービスホールとなります。

コースを印刷する

● HOLE 06

165 y / Par 3

HOLE06 HOLE01

グリーン周りが大きな木に囲まれ美しいフラットなショートホールです。
安心して1オンを目指して下さい。特に注意する点はグリーンが奥に長く2段の為、クラブの選択に気を付けて下さい。

コースを印刷する

● HOLE 07

369 y / Par 4

HOLE07 HOLE01

緩やかな下りで真っすぐな短いミドルホールです。
正面にグリーンが見えますが、IP点より先が狭くなっておりますので、ロングヒッターの方は無理せずドライバーをさけてアイアン等で打って下さい。セカンドショットは、アプローチ周りが難しいので特に注意を要します。

コースを印刷する

● HOLE 08

575 y / Par 5

HOLE08 HOLE01

長い右ドックレッグの難易度が高いロングホールです。
第1IP点より、第2IP点までが左側に池があり、大変難しくなります。第1打は豪快に第2打は慎重なショットを要求されます。又、グリーンは2段グリーンです。最後まで慎重にプレーして下さい。

コースを印刷する

● HOLE 09

404 y / Par 4

HOLE09 HOLE01

緩やかな打ち上げの長いミドルホールです。
左右が大きなマウンドになっており、安心して打つことが出来ます。クラブハウス目掛けて攻めて下さい。グリーン周りは広く、雄大になっておりますが、おくにはバンカーと池がありますので、手前より攻めると良いでしょう。

コースを印刷する

● HOLE 10

370 y / Par 4

HOLE10 HOLE01

ティショットはやや打ち上げ、ねらい目は左側クロスバンカー方向です。
ティーショットが右側方向だと距離が出ないとグリーンの右サイドが見えにくくなります。
第2打は残り少なく、距離を間違わない限り楽にオン出来ます。

コースを印刷する

● HOLE 11

179 y / Par 3

HOLE11 HOLE01

打ち下ろしのショートホールです。特に高低差に注意して下さい。
夏はフォロー、冬はアゲンストとクラブの選択に一考しを要します。グリーンは4つのバンカーに囲まれていますが、
難しい感じはしません。

コースを印刷する

● HOLE 12

585 y / Par 5

HOLE12 HOLE01

長いフラットのロングホールです。
ティショットは左側に引掛けない限り思い切り打てます。第2打も思い切り打って、第3打はグリーン右側へ落とさない限り花道も広いので楽にクラブが振れます。

コースを印刷する

● HOLE 13

415 y / Par 4

HOLE13 HOLE01

ティショットは打ち下ろし、第2打はやや打ち上げのミドルホールです。
ティグランドに立った時に第1打目の打つ方向が気になりますが、右側のOBに注意をして下さい。
第2打はピンの位置によって難しくなりますが、グリーン周りがマウンドで囲まれているので、思い切り打てます。

コースを印刷する

● HOLE 14

426 y / Par 4

HOLE14 HOLE01

ティショットは打ち下ろしの長いミドルホールで、やや左側ねらいです。
第2打はやや打ち上げになります。グリーン奥の一段高いバンカーは捕まっても簡単に脱出可能です。

コースを印刷する

● HOLE 15

513 y / Par 5

HOLE15 HOLE01

打ち下ろしのロングホールです。ティショットは右側のクロスバンカーに捕まらないようにやや左ねらい。
ロングヒッターには2オンも可能ですが、グリーンは2段グリーンですのでピンの位置によって乗せ場所を考えて
下さい。第2打、第3打では、右側を特に注意してください。

コースを印刷する

● HOLE 16

165 y / Par 3

HOLE16 HOLE01

打ち下ろしのショートホールです。
グリーンの手前に池があるので要注意です。横に長いグリーンですので、ピンの位置によってはロングパットの可能性があります。

コースを印刷する

● HOLE 17

364 y / Par 4

HOLE17 HOLE01

ねらいは真っすぐな短いミドルホールです。
左側に大きな池があり、気を緩めて攻めると球が吸い込まれて行く感じがします。右サイドは広くて安全です。
距離が短いので、右側より攻略して下さい。又、第2打でグリーンがホップしているので、距離感を特に注意すればサービスホールに変わります。

コースを印刷する

● HOLE 18

371 y / Par 4

HOLE18 HOLE01

最終ホールです。ティショットは安心して打てますのでクラブハウス目掛けて豪快なショットをして下さい。
IP点までは緩やかな打ち上げのホールで、グリーン右手前に大きな池があり、第1打の距離により攻略法が大きく変わってきます。第2打の決断が大切です。グリーンが2段で手前側の面が広くなっております。池越えをねらい、手前にオンさせて下さい。又、2オンが難しい場合は左側よりせめて下さい。